進化したトイレの代名詞として話題のタンクレストイレ。大手トイレ便器メーカーのTOTOによると、今では、トイレをリフォームする際に4人に1人がタンクレストイレを選んでいるのだとか。名前はもちろん聞いたことがあるけれど、詳しくは知らない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、最新のタンクレストイレ事情に迫ってみたいと思います!

 

 

そもそも、タンクレストイレってどんなもの?

 

まずはじめに、タンクレストイレの概要をご説明しましょう。

タンクレストイレとは、その名の通り、従来のトイレには必ずあった洗浄水を貯めておくための「タンク」がないトイレのことを言います。給水栓から直接、洗浄水を取り込んで流す方式ですので、水道の蛇口を捻れば水がでるように、連続で水を流すことができます。

何より、タンクがないので圧迫感が少なく、すっきりとコンパクトにまとるのでトイレの空間が広く見えるというのが最大のポイントでしょう。標準で温水洗浄便座が付いているのも特徴です。

 

タンクレストイレが世間に初めて登場したのは1993年。「え、そんな前からあるの?」と思った方もいらっしゃいますよね。そう、意外に早くから作られていました。

しかし、販売当初は水道の水圧の関係などでトラブルも多かったのだとか。その後、様々な点が改良され、ここ10年ほどで販売台数は増加の一途をたどり、現在では最新のトイレとして知れ渡るようになったのです。

 

比べてみました!タンクレストイレのメリット&デメリット

それでは、実際にタンクレストイレにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。現在の主流であるタンク式トイレと比較しながら、見ていきましょう。

 

-タンクレストイレの3大メリット

[トイレが広く使える]

タンクレストイレの場合、洗浄水を貯めるタンクがないため壁にピタリとくっつける感じで設置することになりますので、当然、奥行きはゆったりと感じます。タンク式トイレと比較すると、おおよそ10cm前後の差があるようです。

また、トイレの幅自体は、タンク式トイレもタンクレストイレも大きな差はありませんが、タンクレストイレの場合、タンクがない分、高さが30cmくらい低くなります。トイレの後ろの壁が見えるというだけでも、感覚としては広く開放的に感じることができますね。

狭いトイレの中を省スペース化できるのは、タンクレストイレの最大のメリットと言えるでしょう。

 

[掃除がカンタン]

タンク式トイレの場合には必須だったタンク内部の掃除が必要ない、ということはもちろんですが、その他にも、お手入れしやすいポイントがあります。

タンク式トイレは、その多くが便器、タンク、便座をそれぞれ組み合わせるタイプのため、部品が多く継ぎ目などの隙間もあって、細部まで掃除が行き届かないケースも見受けられました。しかしタンクレストイレの場合、便座と便器が一体型になっているため凹凸も少なく、とても掃除がしやすいのです。

また、シンプルなフォルムそのものも掃除のしやすさを手伝っています。例えば、従来でしたら凹凸の多かった便器のフチの裏側部分も、曲線の形状になっているので、サっと拭くだけでキレイになるのです。

 

[洗練されたデザイン]

タンク式トイレと比べてパーツも少なくすっきりしていることから、タンクレストイレは一目見ただけでコンパクトに見えますし、タンクがないため突出した存在感もなく、圧迫感も和らいで見えます。

また、パーツも少なくて済むため、可能な限りムダを省いたシンプルなフォルムを実現。スタイリッシュな機能美を追求したデザインも魅力です。これは、タンクレストイレを製造しているTOTO、LIXIL、Panasonicの三社すべての製品が「グッドデザイン賞」の受賞を重ねていることからも、うかがい知ることができます。

 

-タンクレストイレの3大デメリット

[価格が高い]

一般的なイメージとして「タンクレストイレはまだまだ価格が高い」という声は多く聞かれます。

メーカーごとの主な価格帯(希望小売価格)は以下の通りです。

  • TOTO「ネオレスト」シリーズ:20万円台後半から40万円台
  • LIXIL「サティス」シリーズ:20万円台後半から50万円台
  • Panasonic「アラウーノ」シリーズ:10万円台後半から40万円台

機能的に大きな差のないタンク式トイレと比較すると、10万円前後の差があるのは事実です。

しかし、高価格帯の商品は機能面で充実したグレードの高いものが多く、中には20万円を切る商品も出始めていますので、本当に必要な機能を精査して絞り込めば、とても手が出せない高嶺の花ではなくなってきているとも言えるでしょう。

 

[停電時に使えなくなる]

タンク式トイレの場合、リモコンでもタンク本体のレバーでもどちらでも洗浄水を流すことができます。これに対し、タンクレストイレの洗浄はリモコンのボタンのみ。電気を使って水を流すため、停電になると水を流すことができなくなってしまいます。

ただし、まったく使えなくなるというわけではありません。停電用ハンドルが付いていたり、乾電池を使って手動レバーで洗浄したり、バケツで水を流して洗浄したりと、メーカーによって異なりますが停電時でもトイレの使用そのものは可能です。
※各メーカーの停電時の対応について

  TOTO:http://www.toto.co.jp/aftersupport/dansui_teiden/

  LIXIL:http://faq.lixil.co.jp/faq/show/5637

 Panasonic:http://sumai.panasonic.jp/teiden/toilet/

 

[温水洗浄便座を交換できない]

タンク式トイレの場合、便器、タンク、便座を組み合わせるタイプのトイレが一般的ですので、温水洗浄便座が故障したとしても部分的に交換するということができます。しかし、タンクレストイレは温水洗浄便座と一体型のため、温水洗浄便座のみを交換するということができません。
温水洗浄便座が故障した場合には、メーカーのメンテナンスに修理を依頼することになりますので、一般的な修理費用と比較すると割高になることもありますし、修理するのに時間がかかってしまう場合もあります。

 

ココに注目!タンクレストイレ設置の2大ポイント

 

従来あった「タンク」がないということで、タンクレストイレを設置する場合には、いくつか注意しておかなければならないことがあります。
特に、トイレリフォームでタンクレストイレにする際にはぜひ事前のチェックをおススメしたい、2つのポイントをご紹介しましょう。

 

-新たに手洗い器を設置する必要がある!

タンク式トイレには必ずあったタンク本体上部の手洗いですが、当然、タンクレストイレにはありません。トイレのお隣に洗面所があればまだ許容範囲かも知れませんが、実際はトイレと洗面所が隣接しているケースは稀です。

そのため、新たに手洗い器を設置する必要があるのです。従来のタンク式トイレに比べれば省スペースで設置できるタンクレストイレですが、手洗い器を新設できるスペースがあるかどうかの事前確認は必須となります。

 

手洗い器を新設するとなると、当然ですが新たな配管工事も必要となりますので、床や壁の取り壊しなども考慮に入れるとかなり大掛かりな工事になります。費用や工事期間も十分にチェックしましょう。

また、マンションなど集合住宅にお住いの場合、このような大がかりな工事ができないケースもあります。その際には、TOTOの「ネオレスト手洗器付」や、LIXILの「リフォレ」、Panasonicの「アラウーノ専用手洗い」といった、手洗い器のための配管工事をしなくてもタンクレストイレと手洗い器を設置することができる商品もありますので、トイレリフォーム業者に相談してみてください。


 

-水圧によっては設置できないこともある!

タンクレストイレの場合、給水栓から直接、洗浄水を取り込んで流すので、水道の水圧が低いと設置が難しい場合もあります。

メーカーによって多少の差はありますが、おおよそ0.05MPaから0.10MPaの必要最低水圧が確保されていないと、水の流れが悪くなったり、詰まってしまったりするケースがあります。特に、マンションの高層階にお住まいの方や、戸建てでも2階以上のフロアに設置を検討されている方などは注意が必要です。

 

水圧計測治具などで計測するのが最も正確ですが、ご家庭のバケツでの簡易測定も可能ですので、事前にチェックすることをおススメします。

測定の方法は、現在の止水栓にホースを取付け、バケツで10秒間の水量を測るだけです。バケツに貯まった水が、止水栓の位置が床の場合は4L以上、止水栓の位置が壁の場合は4.5L以上あれば、問題なくタンクレストイレを設置することができます。

もし、この水量に満たない場合でも、最近では水圧不足を補助してくれるブースターや、内蔵型の小さなタンクが付いているタイプの商品などもありますので、トイレリフォーム業者に相談してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。話題のタンクレストイレのメリット&デメリット、そして設置時の注意点をお分かりいただけたと思います。

コンパクトでスタイリッシュなデザインが人気ですが、トイレ本体のサイズが小さいということは、その分、トイレ本体以外の部分にも目が行くということになります。

近年の傾向として、トイレをリラックスできる快適な場所ととらえ、様々な空間演出をされる方が増えています。タンクレストイレは、そんな時代の潮流にもフィットしていることが、人気につながっているようです。

 

 

この記事をお読みの方にオススメのトイレはコチラ>>

 

◎あわせてチェックしたい記事はコチラ

>>1-6 「トイレリフォーム最近の流行は!?」