大阪の便器まるごと交換・トイレリフォーム工事 住居・オフィスビル・店舗・公共施設対応

理想のカタチに住まいがよみがえる!

LINE 友だち追加

簡単!友達追加するだけで
ご相談・お見積OK(無料)!

LINE友だち追加する

または@706opefhで検索をお願いします

まずはお電話ください 0120-51-7706

このトイレ
取付できる?

どのトイレを
選んだらいいの?

はじめての方へ

対応エリア 大阪、兵庫県(一部)

トイレをおしゃれにしたい方へ

TOTO和洋リモデル認定施工店

TOTO和洋リモデル認定施工店 認定証

トイレリフォーム大阪.comはお約束いたします

延長保証修理サポート

FAXでのお見積依頼も承ります

くつろぎホーム株式会社 リフォームメニュー<取り扱い商品>

  • ビルトインコンロ
  • 給湯器
  • システムバス
  • 洗面化粧台
  • エコキュート
  • IHクッキングヒーター
  • システムキッチン
  • 乾太くん

教えて!トイレリフォーム

リフォームのお金について おすすめの記事

トイレリフォームは意外と安い?費用の相場をわかりやすく解説

毎日使う場所だからこそ、トイレはきれいな状態に保ちたいですよね。しかし年月が経つと、便器や壁紙の汚れなどがどうしても目立ってきてしまいます。そんな時は思い切ってトイレリフォームをしてみませんか?リフォームは施工の内容によって費用がかなり変わってきます。今回はトイレリフォームにかかる費用の相場についてお話しします。

希望する費用とトイレリフォームの内容を書き出してみよう!

トイレリフォームには、便器などの設備が老朽化し修理や交換を目的として行うものから、使い勝手の良さや見た目を向上させるために行うものまで様々なパターンがあります。どんなフォームプランにするかによって、かかる費用もピンからキリまで。「安さを優先して最小限のリフォームに抑えるのか?」または「少し高くなっても設備を充実させたいのか?」など、費用に合わせてリフォーム内容をじっくりと検討することが大切です。

トイレリフォームで希望が多い内容に合わせて、いくつか費用の目安をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【費用10万円前後】温水洗浄便座のみの交換なら10万円以内で可能

 <便座のみの交換の場合>

温水洗浄便座の商品一覧

「トイレをウォシュレットに変えたい」という場合は、便座の部分を取り替えるだけで簡単にリフォーム工事を行うことができます。高機能・多機能のものを選ぶとどうしても金額が高くなってしまいますが、便器やタンクごとリフォームするよりはお手頃ですよ。

ちなみに、くつろぎホームで温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)のみを交換する場合、下記の通りになります。

各商品の金額 + 基本工事費32,000円(税抜き)

<便器・便座組み合わせタイプに交換する場合>

ピュアレストQR 商品紹介

便座だけでなく便器も同時にリフォーム工事を行う場合、便座だけ交換する時と比べて少ししか金額が変わりません。せっかくなら便器も一緒に交換することをおすすめします。選ぶ便座の種類(普通便座・暖房便座・ウォシュレット・シャワートイレ)によって金額が異なりますので、ご希望の費用に応じて組み合わせてみてください。

※すべて、工事費込み・税抜き価格となります。

【費用20万円前後】より快適で便利なトイレにリフォームしよう!

<和式トイレを使いやすい洋式トイレにリフォームする場合>

和式トイレを洋式トイレにリフォーム

昔ながらの和式トイレがあるお宅に住んでいる方はご高齢の方が多く、足腰に負担がかかるためリフォームを希望される方がとても多いです。施工の工程が多く、どうしても費用や時間はかかってしまいますが、洋式トイレにすることでお手入れも簡単になりますし節水効果もあるのでおすすめです。

和式から洋式のトイレにリフォームするための費用についてですが、くつろぎホームのおすすめプランの場合240,855円(税抜)から依頼することができます。工事の難易度によって費用は変わりますので、下記項目にご自宅のトイレが該当するかどうかチェックしてみてください。

もし介護保険などを使用したバリアフリーリフォームの対象となる場合、助成金や補助金を使って割安にリフォームを行ったり、減税処置を受けたりすることができます。まずはお住まいの自治体にお尋ねいただくことをおすすめします。

<費用が高くなる場合>

・床を解体して貼り直したり、壁を壊して給排水管の位置を大幅に変えたりする必要がある。
・床に段差があり、段差を取り除いて下地補修工事を行う必要がある。
・床に段差がないが、男性用小便器が別にあるため撤去する必要がある。
・タイルが腰高もしくは全面に貼られている。
・ウォシュレットが付いた洋式トイレを設置したい場合、電源コンセントが無いと電気工事が必要になる。
・便器などの材料費を安く抑えても、完成までに日数がかかるため工事費が高額になる。
・和式トイレはスペースが狭いことが多く、割高なコーナータイプの便器しか使用できない場合がある。
例)トイレ室内の奥行きが1010mm以上の場合→ 一般的なトイレをまっすぐ設置可能
奥行きが共に800mm以上1010mm未満→ コンパクトリフォームモデル便器の設置が可能(ななめ設置)

<最新のタンクレストイレに交換する場合>

アラウーノS160 商品紹介

タンクレストイレ料金イメージ

最新式のトイレの中でも、やっぱり人気なのがタンクレストイレです。一般的な洋式トイレからタンクレストイレに変える時のリフォームの相場は、和式トイレとほぼ同等。例えばくつろぎホームで、タンクレストイレにリフォームする場合、次のような価格になります。

TOTO:ネオレストDH 200,300円~
LIXIL:サティスS 192,380円~
Panasonic:アラウーノS160(一体型) 142,000円~
アラウーノV+暖房便座 99,000円~

※すべて、工事費込み・税抜き価格となります。

工事費自体はそこまでかからないのですが、タンクレストイレの場合は便器そのものが高いため、タンク式トイレと比較すると費用が高額になることが多いようです。

しかし掃除がしやすい、節水タイプのものが多いなどのメリットがあり、予算が多少オーバーしてもタンクレストイレを選んだ方が後々お得になると言われていますので、ぜひリフォームすることをおすすめします。

▼タンクレストイレについての記事はコチラから▼

トイレリフォームで人気沸騰! 話題の「タンクレストイレ」を徹底検証!

 

トイレリフォーム壁や床も全部まとめてする時の費用は?

トイレフルリフォーム イメージ

リフォーム工事の費用に、もし予算が30万円~50万円程かけられるとしたら・・・!かなり豪華なトイレへとリフォームすることができます。例えばおしゃれな手洗い場を設置したり、トイレットペーパーや掃除道具を収納する専用キャビネットを作りつけたりするのも素敵ですね。

ちなみに便器を交換する際に壁や床などの内装工事を行う場合、くつろぎホームでは「床:1万円前後、壁3~4万円前後」プラスすることでリフォームすることができます。通常の床や壁自体の工事は決して高くありませんので、せっかくなら内装もキレイにすることをおすすめします。(※トイレリフォームとセットのオプション工事となります。内装工事のみではお受けしておりません。)

長い間、尿の汚れ・湿気・カビなどを放置している場合、床や壁の下地まで傷んでしまっていることも・・・。この場合、材料費がかかるだけでなく工事日数も余分にかかってしまいますので、当然リフォーム費用は高くなります。
トイレのフルリフォームは決して安くありませんので、予算オーバーにならないためにもまずは見積もりをしてじっくり検討してくださいね。

くつろぎホームでは、過去の施工事例を紹介しており、詳細な金額を確認することができます。ぜひご覧ください。

基本工事費
くつろぎホームの施工事例はコチラ>>

まとめ

トイレリフォームをするためには、一体いくらぐらいかかるのか相場をまとめてみましたがいかがでしたか?一見高く思えても、最新のトイレに変えることでお手入れがしやすくなったり、節水効果があったりとトータルではお得になることが多いと言われています。

また節水型トイレと一緒に他の水回りもリフォームを行う場合や、バリアフリーリフォームの対象となる場合。国や自治体が給付しているトイレリフォームの助成金や補助金を利用すれば、自己負担を少なくできる場合もありますので、リフォーム業者に相談してみてくださいね。

トイレは毎日の生活に欠かせない大切な空間です。実際にトイレが壊れてしまってからでは比較・検討する時間が無く、満足のいくリフォームができなくなってしまいます。せっかくなら早めにリサーチを行い、自分の要望と予算に合った素敵なトイレへとリフォームしてくださいね。

 

-リフォームのお金について, おすすめの記事
-,

© 2022 教えて!トイレリフォーム Powered by AFFINGER5